財布を優しく生活エコをはじめてみませんか 2017年8月20日

モノを捨てる前にそれは何かに使えないだろうか?と考える習慣をつけてみて下さい。
いろんなものが本来の用途とは別の方法で使える事に気づく事ができるでしょう。
例えば飲みかけのビールはそのまま置いておくと炭酸が抜けてしまってもう捨てるしかないと思っていませんか?
でも1缶全部開けると1回に飲む量としては多いという人だっているかもしれません。

そんな場合はビールは掃除に使う事ができます。
コンロの回りなどの油のぬめりを綺麗に落としてくれます。
ビールの匂いがついてしまわない?と思うかもしれませんがアロマオイルやエタノールで最後に拭けばビールの匂いは全く気になりません。

油落としの洗剤だと洗浄力が強すぎて手が荒れてしまうケースもありますがビールの残りならそんな心配もありません。
他にも捨てるモノでミカンの皮は乾燥させて消臭剤としての効果がありますし、そのまま細かく刻んで砂糖で煮詰めたら美味しいジャムになります。
野菜の皮だってきんぴらごぼうなど一品料理を作る事ができます。

サバ煮込み缶の汁だってダシが効いていて美味しいのでそのまま捨ててしまうのは勿体ないですよね。
豆腐にかければ冷奴に、サラダにかければドレッシングに使う事ができます。
そうすればゴミを減らせるだけではなく、食費をおさえる効果もあるでしょう。

モノを捨ててしまう前に、もう一度これって何かに使えないかな?そう考えてみる習慣をつけて地球とお財布に優しい生活を送りましょう。

水分保持を維持してくれる米肌の凄さとは

カテゴリー: 環境